枝豆の味。

新幹線に乗ってJR東日本の広報紙をパラパラしたら、居酒屋巡りのコラム。

しぶいお店を紹介しているようなので興味をもって読んだら、

タテ5段組みの2段めあたりでムカムカしてきた。

 

地元産の、初夏の青々しい枝豆2種をつまみに味わう描写で、

「うーん、生娘12歳と18歳……」とか言う。

 

若い枝豆を食べて、処女の「味」に例える。

それだけでも品性を疑うけれど、12歳ってなに?

ひどすぎる。

 

うれしそうに書いているオヤジ感覚が気持ち悪いし、

こんな表現が堂々と公の活字になっていることにも愕然とする。

(遠)

更新情報

☆【お知らせ】 New!

2016/3/12

ジェンダーカフェat郡山

 

☆【福島県知事選公開質問状】

立候補予定者に公開質問状を送付。

公開質問状の回答について。

回答についての識者コメント

福島県知事選リンク集 

 

☆【活動報告】 New!

学習会「ジェンダー視点の支援活動のために、もっとネットワーキング!

 

☆【イコール・プレス】

59号を発行しました。

   

☆【ブログ】

2014/10/24 

ジェンダー平等、候補者の考えは?

2014/10/20

「やより賞」川柳部門、受賞ならず。 

 

ジェンダー・カルタ】

 

☆【3.11証言記録集】

「ふくしま、わたしたちの3.11

    〜30人のHer Story〜」

 

情報紙 イコール・プレス