セイン・カミュさん

再度、川柳コンクールの話で恐縮ですが。

 

コンクールの表彰式のとき、受賞者全員で記念の写真撮影がありました。撮影をする部屋では、市職員の誘導の声だけが響き、皆緊張の面持ちです。

そこに突然「ハーイ!」と入ってきたのが、当日のゲスト講師の外国人タレント、セイン・カミュさん。セインさんは入るなり、子どもたち一人ひとりと「イェーイ!」「イェーイ!」とハイタッチ。あっという間にみんなの緊張はとけ、場はなごやかになりました。

セインさんとのハイタッチは順番に続き、次はあまのじゃくの我が息子の番……。予想通り「僕はいい!」と腕組みしてプイと横を向いたら、セインさんは「イェーイ!」と子どもの頭をぐしゃぐしゃっとなで回しました。

周りのみんなはますます笑顔で、とっても楽しい写真撮影となりました。

緊張してかしおまりながらするのも写真撮影ならば、笑って楽しくやるのも写真撮影なんですね。

セインさんの一瞬で空気を変える力が素敵でした。

息子によると、「セイン・カミュさんはいい匂いがした」そうです。

 

わが身を振り返って、イコールについて。

ジェンダーや差別など、ともすると固くて辛くてちっともおもしろくないことを、楽しく明るく続けている力がイコールのひとつの魅力かな、と会員の一人として思いました。(智)

更新情報

☆【お知らせ】 New!

2016/3/12

ジェンダーカフェat郡山

 

☆【福島県知事選公開質問状】

立候補予定者に公開質問状を送付。

公開質問状の回答について。

回答についての識者コメント

福島県知事選リンク集 

 

☆【活動報告】 New!

学習会「ジェンダー視点の支援活動のために、もっとネットワーキング!

 

☆【イコール・プレス】

59号を発行しました。

   

☆【ブログ】

2014/10/24 

ジェンダー平等、候補者の考えは?

2014/10/20

「やより賞」川柳部門、受賞ならず。 

 

ジェンダー・カルタ】

 

☆【3.11証言記録集】

「ふくしま、わたしたちの3.11

    〜30人のHer Story〜」

 

情報紙 イコール・プレス