ジェンダー・カルタ 解説ページ

ジェンダー・カルタのページで解説した読み句を紹介していきます。

「自分だったらこう読む!」「こんな句があったら…」と考えながら、お楽しみください。

                *解説文はジェンダー・カルタ解説書(2002年)より。

文末に*印がついているものは、現時点でのコメントです。

 

【あ】アニメって 男女差別のカタログね

 

女の子向け・男の子向けとしっかり分かれているアニメの世界。

ピンクばかり着ている女の子やヒーロー的な男の子など、描かれ方や役割などに偏りがあるものがたくさんあります。チェックしてみましょう。

【き】きらいだな ゴロ寝でテレビのお父さん

 

家事をするのは女性だけ、そんな家庭をつくっていはいませんか? 家事は人が生きていくうえで不可欠な営みです。女性だけが担うのではなく、ともに暮らす家族が協力し合ってするのがいいですね。

 

【く】黒 赤でなくてもいいよねランドセル

 

最近ではいろいろな色のランドセルが売られています。洋服も持ちものも、男の子色、女の子色といった慣習にしばられず、子ども自身に選ばせてみてはいかがですか?

*ひとこと…いろいろな色を選べるようになったのはいいことだけど、暖色系は女の子、寒色系は男の子という傾向があるような。そもそも、ランドセルって「決まり」ではないんですよね。(2014/2)

【せ】セクハラおやじに ジェンダーパンチ

 

セクシュアル・ハラスメント(性的ないやがらせ)の多くは企業の上司から部下に対してなど、力関係を利用して行なわれる悪質な行為であり、犯罪となるものもあります。最近では、スクール・セクハラやキャンパス・セクハラな、教育の現場でのセクハラも問題となっています。セクハラを「見たら」「聞いたら」「されたら」、まずは思いっきりパンチをくらわせてやりましょう。

*ひとこと…イコールの男性会員からは「パンチなどと、暴力はいかがなものか」という声も。しかし、ジェンダーパンチは直接的な暴力ではなく、知恵やアイデアや機転のこと。年末年始の飲み会が多くなるシーズン、ぜひ、これを合い言葉にしてください。(2012/12)

【そ】「外孫 内孫 おなじ孫」

 

外孫・内孫という区別は、実は家制度を基盤においた封建的・差別的な慣習です。これからの新しい時代、一人ひとり大切な子どもとして成長を見守りたいものです。

*ひとこと…少子化がすすみ、内孫・外孫という言葉はいまや死語になりつつあるかも。

【ち】違うこと 認めるだけで楽になる

 

人の性格も生き方も家族のあり方も、みんな違っているのがあたりまえ。違いを認め合えば、きっと楽しく楽に生きられます。

 

【て】テレビ・新聞・ワイドショー 全部を信じちゃいけません

 

テレビや新聞から流れてくる情報は、すべて人がつくったものであり、そこには必ず制作者の意図があります。受け取った情報をすべて鵜呑みにするのではなく、自分自身で読み解く力を身につけましょう。

【ね】ネグレクト=育児放棄の親も哀しき

 

子ども虐待は許しがたいことです。しかし、虐待をする親自身にも、夫からの暴力や性差別の問題など、大きな苦しみを抱えていることが多々あります。親を責める前に、なぜその親が虐待をしてしまったのかを知ることも必要です。

*ひとこと…意図を理解してもらうのが難しく、ジェンダー・カルタ講座などで批判が多かった句のひとつです。「鬼母」などという週刊誌の見出しも、いまだになくなりません。

【ふ】ふろ めし 寝る は離婚の近道

 

あなたは、このような傲慢な態度で妻に接してはいませんか? このような行為はまさしく離婚までの最短コースを生みます。今すぐにでも態度をあらためましょう。

*ひとこと…先日のブログでも紹介した句です。こういうのは、時代の遺物と思いたい…。

【へ】変だなと思ったときから始めよう

 

男女平等社会をつくるには、一人ひとりが「あれ? 変だな」と気づくことが大切です。変だなと思ったら、それを口に出す、そこから平等社会への一歩が始まります。

*ひとこと…この句はイコールのキャッチフレーズともいえるもの。いつもこういう姿勢でいたいと、新年にあらためて。(2014/1)

【や】やさ男 頭の中はマッチョマン

 

一見やさしそうな男性でも、男性優位、女はこうあるべきといった考えを持っている人は多くいます。近所では「やさしそうな人」と評判の男性が、家では妻に暴力を振るっていたというのも、よくある話です。

【よ】横にいることの素敵

 

「男が上」「女が上」なんてことはありません。両性は平等。並んで対等の関係にあるほうが、上下のそれよりもずっといい。

【ろ】論ずるも なお道遠し 男女平等

 

世界女性会議など、世界中のあちこちや私たちの身近なところで、男女平等社会をつくるためのいろいろな話し合いがなされています。しかし、周囲を見回すと、まだまだたくさんの差別があります。

*ひとこと…先日、世界経済フォーラムが発表した世界の男女間格差の比較で、日本は136か国中105位。男女平等に関して、日本はまだまだ「後進国」です。

【わ】わたしが私でいられるような そんな社会をつくりたい」

 

誰もが差別されず、個人の生き方が尊重される社会では、人がその人らしくのびのびと幸せに生きることができます。市民メディア・イコールは、そんな社会をつくりたいと活動しています。

ジェンダーカルタへのご意見やご感想・コメントをおよせください。

更新情報

☆【お知らせ】 New!

2016/3/12

ジェンダーカフェat郡山

 

☆【福島県知事選公開質問状】

立候補予定者に公開質問状を送付。

公開質問状の回答について。

回答についての識者コメント

福島県知事選リンク集 

 

☆【活動報告】 New!

学習会「ジェンダー視点の支援活動のために、もっとネットワーキング!

 

☆【イコール・プレス】

59号を発行しました。

   

☆【ブログ】

2014/10/24 

ジェンダー平等、候補者の考えは?

2014/10/20

「やより賞」川柳部門、受賞ならず。 

 

ジェンダー・カルタ】

 

☆【3.11証言記録集】

「ふくしま、わたしたちの3.11

    〜30人のHer Story〜」

 

情報紙 イコール・プレス